Photo by Joerg Arnold
Escape Over the Himalayas 標高6,000メートル。子供たちは命がけでヒマラヤを越える。この尾根の向こうに、未来があると信じて。

Photo by Joerg Arnold

チベットサポートグループKIKU > Escape Over the Himalayas ヒマラヤを越える子供たち

ヒマラヤを越える子供たち

Escape Over the Himalayas
 ヒマラヤを越える子供たち 上映会情報

☆終了したイベント


2005年度上映会は好評のうちに終了しました!
過去のページはこちら




B A C K G R O U N D

ヒマラヤを越えて亡命する
チベット難民の子供たちを追った
珠玉の短編ドキュメンタリー

1950年代に始まった中国によるチベット侵攻。1959年、インドへと亡命したダライ・ラマ法王の後を追って10万人にのぼる難民がチベットから脱出してきました。
現在もなお、毎年数百人の子供たちが親元を離れ4,000メートル級のヒマラヤを徒歩で越え、数週間歩き続けてインドへと亡命してきます。
彼らは何故、命をかけてまで国境を越えるのでしょうか。

短編『Escape Over the Himalayas ーヒマラヤを越える子供たちー』は実際の亡命者に同行し、その姿をとらえた感動のドキュメンタリー・フィルムです。
雪のヒマラヤを越える5人の子供を含む10人の亡命者たちと、緑ターラー菩薩に旅の安全を祈り、彼らを命がけで導くガイドの姿を描いています。本国ドイツで2001年度の「German TV Award」にノミネートされるなど欧州では高い評価を得ている作品です。
日本では、2004年度のバンフ・マウンテン・フィルムフェスティバルの上映作品として一度だけ上映され、静かな反響を呼びました。

このたび各方面の働きかけによって再上映が決定。つづいてDVD発売プロジェクトが始動しました。チベット難民の現実をとらえた貴重なフィルムを、この機会に是非ご覧ください。


C R E D I T

Flucht über den Himalaya > 公式サイト
2000年/ドイツ/カラー/ 日本語字幕付/30分

脚本・監督・音声: Maria Blumencron
撮影・助監督: Richard Ladkani
撮影助手: Joerg Arnold
ガイド・通訳: Pema Magoo

Maria Blumencron (Picture by Katja Thielen)
Maria Blumencron (Picture by Katja Thielen)


Special Thanks to :

Banff Mountian Film Festival Staff
Patagonia Staff
Mrs. TRK,
Mr. KND, Ms. TKMT

And people who believe the power of compassion.


チベットサポートグループKIKU
ダライ・ラマ法王の提唱する非暴力の思想に共感し、チベット難民子弟の教育・医療の支援を目的に1998年に設立。チベット子供村(TCV)支援・里親制度・伝統文化支援・サポートグッズ販売など、幅広い活動を行っています。詳しくはWebサイトをご覧ください。
http://www.tsg-kiku.com/




Today : Yesterday:

Photo:All rights reserved by Joerg Arnold

Escape Over the Himalayas ヒマラヤを越える子供たち DVD
『ヒマラヤを越える子供たち』

定価:1,500yen(税込)
本編29分(英語版、日本語字幕付)
特典映像『ダラムサラレポート』10分
スライド『チベット問題について』
特製ブックレット封入




EOTH Projectの収支明細はこちら

ごあいさつ

  • 2005年にスタートして7年間、7000本が終了を迎えました。
    ありがとうございました。

私たちはこの作品によってはじめて、着の身着のままでヒマラヤの雪の中を歩いていく亡命者たちの姿を、映像を通して知ることができました。「百聞は一見にしかず」といいますが、その厳しさは想像以上の衝撃でした。同時にチベット仏教の慈悲の教えに基づき、苦しい状況にあっても他を思いやって力強く生きる彼らの姿には深く心を打たれました。

『Escape Over the Himalayas ヒマラヤを越える子供たち』は、チベット難民の厳しい現実を知るための、格好の教材であるといえます。そして、私たちに「他者と共に生きる」という希望を与えてくれる、素晴らしい作品です。一人でも多くの日本の皆様にこの映画を見ていただきたいと思っています。

このDVDの収益は、すべてチベットサポートKIKUを通じてチベット子供村及び難民受入センター支援に充てていきたいと思います。

ページ先頭へ

自主上映会開催について

「ぜひこの映画を自分の地域で上映したい」という声を沢山お寄せいただいています。ありがとうございます。チベット問題理解のために、ぜひたくさんの人に見て頂きたいと思います。上映会は、DVDプロモーション上映およびチベット問題の理解促進を目的とした場合に、開催が可能です。

●●●●●●●●●下記にご協力下さい●●●●●●●●●
・上映会開催時に、DVDの宣伝をして、売上アップにご協力下さい!
・KIKUのチラシをご紹介下さい

  èチラシデータ(PDF)はこちらからダウンロードできます。
・古着などを直接子供たちへ送れることをご紹介ください。
  TCVでは子供の数が増えつづけているために、私たちの生活からは
 想像できないほど本当に生活物資が不足しています。
 è郵送方法はこちら

※営利目的の上映はご遠慮いただきたいと思いますが、無料上映を強制するものではありません。
※ドイツ権利元の契約上、 「劇場でのロードショー上映」「有料レンタル」などの行為は禁止されています。ご了承ください。

お問い合わせ eoth@tsg-kiku.com

ページトップ

DVD制作賛同者募集(終了しました)

DVD制作にあたり、KIKUではメンバーから出資者を募り、ドイツの映画会社からDVD制作権を約40万円で購入します。
その他プレス費用などの制作費が約40万円〜かかります。この費用を捻出するため、KIKUでは賛同者の方からご寄付を募ることにいたしました。
このプロジェクトの趣旨に賛同下さる方は、是非ご応募下さい!お名前をDVDにクレジットさせていただきます。
全部で 116 口のご賛同をいただきました!ご協力いただき、本当にありがとうございました。(2006/2/20現在)

募集内容 1口 5,000円(限定100口)
☆受付終了しました!
特典 ■ご寄付いただいた方のお名前を、DVDにクレジットさせていただきます。
■ 完成時に、DVDを1枚プレゼント。
募集期間 2005年12月20日〜2006年1月20日
☆受付終了しました!

ページ先頭へ

 


チベットサポートグループKIKUホームページ

Copyright ©Tibet Support Group KIKU. All Rights Reserved.